名古屋で税理士に決算申告を依頼する際の注意点


名古屋で起業や開業をした場合、経営状況と併せて気になるのが年間の決算申告や確定申告です。税理士へ申告代行を依頼するつもりでも、「まだ時期じゃないから大丈夫だろう」と考えていると、後で慌てることにもなりかねません。ここでは、名古屋で税理士に決算申告を依頼する際の時期やメリット・デメリットについてご紹介しています。

名古屋で決算申告を依頼する税理士はいつ探せばいい?

はじめに、名古屋で申告の代行を依頼する税理士を探す時期について見てみましょう。

早い時期から探しはじめるのがおすすめ

経営者であれば、毎日の営業活動が忙しく、会計作業については何かと後回しになりがちです。1~2月の申告時期になってから慌てて準備をはじめ、何とか申告期限に滑り込む、という経験を持つ人も多いのではないでしょうか。 会計上で気になる点は、早めに整理しておいた方が安心です。信頼できる税理士がすぐに見つからない場合もあるため、決算申告を依頼する予定があるなら、時間に余裕を持って早い時期から探しはじめた方が良いでしょう。

忙しい時期に入る前に問い合わせるのがポイント

申告時期が近づいてくると、経理担当や経営者以上に、会計事務所も多忙を極めます。税理士の裁量にもよりますが、問い合わせするなら申告時期などの繁忙期は避け、比較的税理士の業務に余裕のある時期に問い合わせするのがおすすめです。

税理士に決算申告代行を依頼するメリット

決算申告を税理士に代行してもらうメリットは以下の通りです。

正確かつ適切な申告書類が作成できる

決算申告の代行を税理士へ依頼する最大のメリットは、難しく時間のかかる決算書類を、正確に作成してもらえるところです。 会計ソフトの導入や経理に詳しい社員を雇ったとしても、法人税にかかる書類など、多くの書類に社内だけで対応するのは限界があります。 お金にかかわることですから、会社の決算はプロに依頼し、可能であれば顧問として日頃から記帳チェックなどもしてもらった方が安心でしょう。

税務や融資に関する相談にも乗ってもらえる

税務上の不明な点や月ごとの記帳方法、次年度の経営方針といった細かな点も、申告書類を作るうえで重要な要素となります。 「こんな初歩的なことを聞いてもいいのかな」と思うようなささいな疑問や融資、節税についての情報なども、相談に乗ってもらえるでしょう。

税理士に決算申告代行を依頼するデメリット

税理士へ決算申告代行を依頼した場合のデメリットは以下の通りです。

費用がかかる

名古屋で税理士に決算申告代行を依頼した場合、一般的な相場はおよそ100,000円から150,000円程度となります。 会社の規模や書類の数によっても違いますが、これを高いと見るか安いと見るかは、経営者の方針や考え方にもよるでしょう。 「プロへ任せる」という安心代として、または申告にかかる時間をビジネスに注力することで、かえってコストパフォーマンスが良いと考えることもできます。

新規の経営に強い税理士が少ない

大手企業や老舗の多い名古屋では、特に新規の業種や企業後間もない経営者を親身にサポートしてくれる税理士が多くはない傾向にあります。 決算を依頼したものの、意志の疎通が充分に取れないまま、新規事業に明るくない税理士が申告代行すると、後でトラブルとなるケースもあるので注意が必要です。 創業融資や会社設立時のサポートに強く、最新の知識を持つ信頼できる税理士を選ぶようにしましょう。 名古屋で税理士へ決算申告を依頼するなら、申告時期よりも早めに依頼するのがおすすめです。 信頼できる税理士を見つけたいなら、無料相談などを利用するのも良いでしょう。経理社員を雇うコストや時間の節約にもつながるため、安心して会社の財務管理を任せられます。

無料相談はこちらから

(c) 名古屋市中区決算申告センター 運営:税理士法人伊勢山会計